本文へスキップ

輸入ピアノ.comは株式会社フロイデが運営する輸入ピアノ専門店です。(東京・新宿)

電話でのお問い合わせは
03-5357-7833(輸入ピアノ.com)

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-3 太田紙興ビル1F

イベント案内access


クレアリー・和子 ピアノソロ イブニング・コンサート

雨に紫陽花の花が鮮やかに映える6月の木曜日、平日の夜にショパンやシューベルトの夕べはいかがでしょうか?
聴き馴染みのある、名曲ばかりのプログラムです。
梅雨明けの楽しみな季節。ぜひお気軽に、クラシックのコンサートにお立ち寄りください。


【プログラム】
ベートーヴェン ソナタ Op.57 「熱情」
シューベルト 即興曲 作品90 No.3、No.4
ショパン バラード 第3番 Op.47
ショパン ノクターン 20番 遺作
ショパン 幻想即興曲 作品66
ショパン スケルツォ 第2番 Op.31



日時:2018年6月28日(木) 開場18:30 開演19:00
入場料:1000円


【演奏家プロフィール】

 和子・クレアリーさんは、ホフマンや、プゾーニの孫弟子に当たり、日本はおろか世界でも今日聴くことが難しい、19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍した大ピアニスト達の奏法を正統に継承しているピアニスト。   1994年のカーネギー・ホールでのデビュー・コンサートで 「音楽に満ち溢れ、ニュアンスの達人である」 とNY誌から絶賛されたように、派手な演奏とは対極にある、繊細で自然なピアニズムが魅力のピアニストと言えるだろう。
 大阪出身で、大阪音大卒業後、ボストン大学院 ピアノ演奏科修了。アメリカに渡り、リリー・デュモントや、ホフマンの弟子であるアメリカの女流ピアニスト、ジーン・ベーレンド、ブゾーニの弟子であるエドワード・ワイスなどに師事。 その後は、大阪を中心とした日本各地はもちろん、アメリカ・西海岸のサンフランシスコを拠点に、カナダ、ヨーロッパまで広くコンサート活動を行う。
 同時に、後進の指導にもあたっており、現在までに、 米マサチューセッツ州・ボストンにあるロンジー音楽院、米カリフォルニア州のホーリーネームス大学 ピアノ科などで教鞭を取る。
 パートナーは、アメリカ人作家のトーマス・クレアリー(Dr.Thomas Cleary)。禅や武士道、宮本武蔵などの日本文化を、積極的に欧米社会に紹介している著作家でもある。

※予約制です。お申し込みはこちら
(①お名前②電話番号③申込人数をご明記下さい。)





●営業案内●
AM10:30~PM18:30
定休日:毎週火・水曜日
祝日は営業いたします。お電話・メールでのお問い合わせは24時間365日対応しております。定休日及び営業時間外のご試弾をご希望の場合は前日までにご予約をお願いいたします。(TEL:03-5357-7833)


新入荷情報



Steinway&Sons S155



1959年(中古品)
ウォルナット艶消し仕上げ




C.Bechstein L165




ー  聴き比べ動画集 -
 スタインウェイ&サンズ B-211(2014年製)
YouTubeで動画を見る
 
 ベーゼンドルファー 170(1975年製)
YouTubeで動画を見る
 
  ベヒシュタイン M-180(1970年製)
YouTubeで動画を見る